NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク HOME >> イベント情報 >> 【参加者募集】食物アレルギーがある10~20代のティーンズミーティングin京都(協力:認定NPO法人FaSoLabo京都)

    

イベント情報

【参加者募集】食物アレルギーがある10~20代のティーンズミーティングin京都(協力:認定NPO法人FaSoLabo京都)

2020.12.15
【ティーンズミーティングの参加者募集】
食物アレルギーがある10代~20代の高校生、大学生、社会人の方

人見知りでも大丈夫!食物アレルギーがある人ばかりが集まるワークショップを開催します。10代~20代の人なら高校生・学生・社会人どんな立場の人でも構いません。食物アレルギーがある人を対象にした交流イベントです。
宿泊を伴う学校の行事に参加することができなかったり、旅行に出かけるためにとてもたくさんのことを準備しなければいけなかったり、部活動の仲間に食物アレルギーのことを打ち明けそびれていたり、親しい友達と休日を一緒に過ごすときの食事に困ったり、学校給食や家庭科の授業の時にいやな思いや辛い思いをしたことがあったり食物アレルギーがあることの生きにくさをみなさんは経験しています。
食物アレルギーを起こさないように食事を選ぶこと、食品表示を見て自分にとって安全な食品を選ぶこと、間違って症状が出てしまったとき、周りの人に支援や協力を求めること、友達に自分のことを伝えること、年齢が上がるにつれて自分でやらなければならないことが増えていきます。
今悩んでいること、困っていることについてファシリテーターや参加者と一緒に考え将来の展望をひらくヒントを探してみませんか?

【開催概要】
■ティーンズミーティングin京都
〇日 時:2021年2月20日(土)14:00~16:30 (13:45開場、受付開始)
〇場 所:認定NPO法人FaSoLabo京都(京都会場)、またはオンライン参加
※オンライン参加希望者には申し込み後にアクセスURLをご連絡します。
〇住 所:京都市中京区姉西洞院町542 サンフィールドビル3階(京都会場)
〇交 通:京都市営地下鉄 烏丸御池駅から徒歩7分
〇対 象:食物アレルギーがある10代~20代の高校生、大学生、社会人の方
※保護者の方は参加できません。
〇定 員:4名(京都会場)、10名(オンライン参加)
〇参加費:無料
〇内容:食物アレルギーがある同世代の人たちと様々なアイデアを共有し、食物アレルギーとよりよく暮らすための解決策をみんなで考えるワークショップ。知りたい、考えたい、語り合いたい人、ぜひご参加ください。
〇ファシリテーター:エマ クック(北海道大学 現代日本学プログラム 准教授/社会人類学博士)、赤城智美(認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク)

認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークでは、年に数回ティーンズミーティングを開催するようになり5年目を迎えました。
アレルギー物質を含む食品表示が義務化され、学校給食のガイドラインが作られるようになった今日、食物アレルギーの子どもたちの環境は大きく変化しました。しかし、子どもたちの言葉を聞き取るプログラムを実施すると、子どもたちは「食物アレルギーだから」できないこと、不安なことを多く抱え、時には保護者に依存し自立の機会を自らの不安が妨げていることもあることに気づかされます。ワークショップ開催のたびに、子どもたち同士が交流し感じたことを言葉にする重要性を認識するようになり、私たちは様々な地域でこの試みを展開していこうと考えました。
ワークショップに参加した子どもたちは「食物アレルギー同士で初めてこんなこと話した」「けっこうおもしろかった」「なんかすっきりした」と感想を伝えてくれます。

【申込方法】事前申込制
●Webからの申し込み

*事前申し込みがない参加はお断りいたします。
*当事者のみの集まりです。保護者等は参加できません。
*虚偽の申告をして参加した場合、企画開催中でも退席していただきます。
*モノやサービスの宣伝や推奨、またはそれらを類推させる発言はお断りいたします。
*本企画参加者は、当日主催者の指示に従い、上記の条件を了承したものとします。
*お申し込みいただいた方には、申し込み完了のメールをお送りいたします。お申し込み完了のメール送信に数日お時間を頂く場合があります。申し込み完了のメールが届かない場合は、以下のお問い合わせにご連絡ください。

■お問い合わせ
認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
info@atopicco.org
tel.03-5948-7891

*本プログラムは「小林製薬青い鳥財団」の助成により開催いたします。

kyoto_teen_0.4-1_page-0001.jpg
kyoto_teen_0.4-2_page-0001.jpg