NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク HOME >> 災害支援 >> 西日本豪雨アレルギー患者・災害弱者支援活動

    

活動案内 - 西日本豪雨アレルギー患者・災害弱者支援活動

多くの皆さんよりご寄付・カンパ、ご協力のお申し出をいただき、被災者の方々に必要な物資を無料提供し、相談活動も行っています。継続したご寄付やご協力を心よりお願い申し上げます。

12
西日本豪雨で被害の大きかった、岡山県倉敷市真備町への災害支援活動の報告書を作成しました。
2018年8月に地域の保健師より連絡があり、支援を開始しました。

災害支援報告書全文はこちら

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
【西日本豪雨】2018年8月から、支援物資(食物アレルギー用食物や牛乳など)を、個人宅や保育園などに届けました

2018年8月、支援物資(食物アレルギー用食物や牛乳など)を、個人宅や、保育園、みなし仮設(ホテル)などに届けました(複数回届けたところもあります)。
 
支援物資画像.png
保育園
8月後半に玉島保健所から、食物アレルギーの被災者がいて、一度もアレルギー対応の食事を提供できていないとの連絡を受けました。避難所から保育園に通園していることを聞き、保育園にも連絡をとりました。
保育園には他に6人の食物アレルギーの子ども達がいたことから、食物アレルギーの子の支援について話し合いました。すると一般の給食でも牛乳不足、野菜不足が課題となっていることが見えてきました。

保育園と話し合った結果、アレルギー支援だけでなく、子どもの食事支援も行うことになりました。
牛乳や野菜ジュース、リゾット、アレルギー用の食品などを提供するとともに、現地視察で活動する方々の話を聞くために9月18日~9月20日真備に行きました。
 
IMG_0818.JPG
保育園の1階には調理場がありましたが水没してしまったため給食は作れません。電子レンジ1台で、150人分のものを温める以外に方法がないということでしたので、調理しなくても食べられるリゾットやお湯を注ぐだけのスープなどを提供しました。
調理場の再建は10月後半。それまでは加熱しなくても食べられるものが大活躍しました。
10月下旬には調理場が完成する予定でしたが、配線トラブルなど様々なことがあり、11月中旬まで物資提供することになりました。
野菜不足が続いていたので、野菜ジュースなどを何回か送りました。

IMG_2000.JPG
 仮設住宅や、みなし仮設などに入っている方たちの家電や調理器具はそろってきた様子。
救急箱が無いと小さい子のいる家庭は大変。みんなを支援してほしいという声がお母さんから届き、アンケートを届けるのと一緒に救急箱とリゾットを届けることになりました。

2019年度の今後の活動としては、真備子育て支援センターと、保健師さんたちと連絡を取り合いながら、「お母さんと小児科の先生とで子育ておしゃべり会」を開催予定。

●災害時にはこのような支援を行っています
・アレルギーに関する困りごとの電話相談
・食物アレルギー用食物や粉ミルクなどの無償提供など
・ぜんそくやアトピー性皮膚炎患者に必要な物資の無償提供など
*ネブライザーは提供できますが薬剤は医療機関で入手してください

●災害が起こった時、多くの方々に協力してほしいこと
・このアレルギー・災害弱者支援活動や支援ポスターの、シェアや拡散にご協力ください。
・このアレルギー・災害弱者支援活動や支援ポスターが被災者の目にふれるよう、メディア・マスコミへの告知にご協力ください。
・現地のアレルギー患者情報をお寄せください。

●支援活動への寄付を募っています
誠に心苦しいのですが被災者支援活動には資金が必要です。
送金先情報はこちら
*クレジットカード、コンビニからも送金できます

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク 
【西日本豪雨】被災したアレルギー患者・災害弱者を支援する活動に、
(公財)ベネッセ子ども基金の支援が決定しました

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)で被災した、岡山県倉敷市のアレルギー患者・災害弱者を支援する活動に、(公財)ベネッセ子ども基金の支援が決定しました。
引き続き支援活動を継続します。

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
【西日本豪雨】被災したアレルギー患者・災害弱者を支援する活動に、
(公財)日本財団の支援が決定しました

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)で被災した、岡山県倉敷市のアレルギー患者・災害弱者を支援する活動に、(公財)日本財団の支援が決定しました。引き続き支援活動を継続します。

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
【西日本豪雨】被災したアレルギー患者・災害弱者と1型糖尿病患者を支援するための共同ポスターを作成しました
西日本豪雨で被災したアレルギー患者・災害弱者支援活動

1.2018年7月11日より、西日本豪雨で被災したアレルギー患者・災害弱者からの救援依頼を受け付ける電話窓口を開設しました。
・tel.03-5948-7891 NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

アレルギー_1型糖尿病_災害支援_2018_2.jpg
ポスターPDFをダウンロード

[電話をかけることができない場合]
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク まで連絡をください。
*必ず、フルネーム、携帯番号、状況をお知らせください。折り返し電話をおかけします(スタッフの携帯からかける場合があります)。
*但し、メールでの問い合わせの場合は返信が大変遅れる場合があります。しかし必ず電話連絡・返信いたします。
*携帯・スマホのセキュリティの設定変更:メールの場合@atopicco.orgからのメール受信やinfoアドレスからのメール受信などができるようにセキュリティ等の設定を変更してください。変更がない場合はメールが届かない可能性があります。
*Twitter や Facebook を利用しての連絡には対応できません。電話かメールを使ってください。

2.電話窓口開設にあたり、1型糖尿病患者支援団体であるNPO法人日本IDDMネットワークとNPO法人アトピッ子地球の子ネットワークで、患者支援共同ポスターを作りました。疾患は違いますが、同じ災害弱者として患者の救援連絡や困りごとの連絡先としてこのポスターを活用します。

3.実際にアレルギー患者の情報や救援要請が寄せられた場合、できることは限られていますが可能な支援をする予定でいます。関係協力団体や災害支援組織にも協力を仰ぎ、適宜適切と思われる提案や情報の伝達を行う場合もあります。

例えば
・アレルギーに関する困りごとの電話相談、情報の提案・伝達など
・食物アレルギー用食物の無償提供など
・ぜんそくやアトピー性皮膚炎患者に必要な物資、ネブライザーの無償提供など

4.皆様へのお願い
・情報収集を継続して行っています。現地の情報をお知らせください。
・この「アレルギー_1型糖尿病_災害支援共同ポスター2018」の掲示にご協力ください。
・このポスターがインターネット上で閲覧できるよう「拡散」にご協力ください。
・1型糖尿病患者の情報は、日本IDDMネットワークに連絡してください。

災害弱者である被災したアレルギー患者と1型糖尿病患者支援のためにご協力をお願いいたします。

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

*アトピッ子地球の子ネットワークと日本IDDMネットワークは、2005年以来、大規模災害発生時の患者支援マニュアル作成や、東日本大震災・熊本地震等での患者支援共同ポスター作成などでゆるやかに連携した活動を続けています。

12