NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク HOME >> 災害支援 >> 熊本地震アレルギー患者・災害弱者支援活動

    

活動案内 - 熊本地震アレルギー患者・災害弱者支援活動

多くの皆さんよりご寄付・カンパ、ご協力のお申し出をいただき、被災者の方々に必要な物資を無料提供し、相談活動も行っています。継続したご寄付やご協力を心よりお願い申し上げます。

熊本地震 アレルギー患者・災害弱者支援活動報告

・日本小児アレルギー学会の今期会長、震災支援担当医師らとメールにて打ち合わせ、
基幹病院である熊本医療センターに物資搬送を行うこととなりました。
病院の半数以上が診療を中止しているため、患者が医療センターに集中したため、
物資搬送をひかえ、保育園や役場の栄養士等と連携を図り物資を搬送しました。
・熊本現地に、物資搬送のためのドライバーを派遣・配置し、救援連絡のあった個人宅、保育園、役場などに、
物資を搬送しました。
・8月に開催した「夏休み環境教育キャンプ2016」(神奈川県立藤野芸術の家)に、
熊本から食物アレルギーのある3家族9人を交通費を含めて招待しました。

*2016年4月~5月の詳細報告は下記PDFファイルを参照してください。

【熊本地震・物資提供をしてくれた企業】 順不同 2017年1月16日現在
ハウス食品グループ本社(株)
エフコープ生活協同組合 店舗支援部
(株)げんきタウン
ケンミン食品(株) マーケティング部企画課
太田油脂
石井食品(株)
(有)エコ・ライス新潟
オムロンヘルスケアマーケティング(株)
(株)永谷園 品質保証室
愛知県文教女子短期大学
(株)禾
オーガニックカフェ千葉
無添加ハウス・アトピーの会
森永乳業(株) ウェルネス事業部 栄養食品マーケティング事業部
エスビー食品(株) 品質保証ユニット
日清製粉(株) お客様センター
ネスレ日本(株) 食生活デザイン室
新潟県生協連
(有)エルフィン・インターナショナル   他


NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

【熊本地震】アレルギー患者・災害弱者支援活動2016.4.24
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

【熊本地震】4月20日(水)から2便の支援物資(食物アレルギー用食物1,200食分)を、個人宅や保育園など約25カ所に直接届けました
2016年4月20日(水)〜21日(木)、2便の支援物資(食物アレルギー用食物1,200食分)を、熊本県内から救援連絡や要請のあった個人宅や避難先(クルマ避難も含む)、保育園、病院など約25カ所に当方ボランティアドライバーが直接届けました(複数回届けたところもあります)。

保育園
4月25日(月)からの開園を目指しているが食物アレルギーの子どもの食材料が手配できないとの連絡を受け、すぐに食べられるものを搬送しました。
*4月24日現在の行政情報によると、熊本市内の公立保育所、幼保連携型認定こども園、地域型保育事業所については4月30(土)まで休園を延長。公立幼稚園・小中高校などは、5月9日(土)頃までほとんどのところが休園休校予定。

病院
支援物資を搬送した病院は、国立病院機構熊本医療センターです。同病院への1便到着は4月17日(日)昼。事前に日本小児アレルギー学会とやりとりをして、同病院の要請を受け、医師と電話で直接話して、少なくとも2便目までは届けることにしました。この搬送はエコ・ライス新潟、日本小児アレルギー学会、当法人の連携協力で実現しました。

4月18日(月)東京発、2便支援物資の熊本までの搬送
東京から物資を出した4月18日(月)現在、熊本まで宅配便が届いていなかったので、本州西端の山口県の集配ターミナルに一番近い営業所留めで発送(九州への荷物は中1日かかる)。翌日4月19日(火)にボランティアドライバーが荷受けして同日夜熊本市内入り。山口県への物資到着が遅れたため、同日の患者宅までの搬送は断念して、4月20日(水)から搬送をはじめました。

熊本地震で被災したアレルギー患者の皆様
困りごとがあれば直接下記までご連絡ください。
物資などを避難先や自宅まで直接届けています。
必ずフルネームと電話番号をお知らせください。
連絡先:NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
    tel.03-5948-7891 info@atopicco.org

このような支援を行っています
・アレルギーに関する困りごとの電話相談
・食物アレルギー用食物や粉ミルクなどの無償提供など
・ぜんそくやアトピー性皮膚炎患者に必要な物資の無償提供など
*ネブライザーは提供できますが薬剤は医療機関で入手してください

皆様へのお願い
・このアレルギー・災害弱者支援活動や支援ポスターの、シェアや拡散にご協力ください。
・このアレルギー・災害弱者支援活動や支援ポスターが被災者の目にふれるよう、メディア・マスコミへの告知にご協力ください。
・現地のアレルギー患者情報をお寄せください。

支援活動への寄付を募っています
誠に心苦しいのですが被災者支援活動には資金が必要です。
送金先情報はこちら
*クレジットカード、コンビニからも送金できます


アレルギー_1型糖尿病_災害支援共同ポスター2016b.jpg


できることは限られていますが可能な活動をする予定でいます。
ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。


NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

【熊本地震】アレルギー患者支援活動2016.4.20
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

【熊本地震】本日4月20日(水)朝より熊本県内の被災者に、食物アレルギー用食物を直接届けています(2便支援物資)
アトピッ子地球の子ネットワークは、本日4月20日(水)朝から救援連絡のあった熊本県内の食物アレルギー患者の自宅などに、食物アレルギー用食物を直接届けています(2便支援物資)。

◆熊本地震で被災したアレルギー患者の皆様
困りごとがあれば直接下記までご連絡ください。
物資などを避難先や自宅まで直接届けています。
必ずフルネームと電話番号をお知らせください。
連絡先:NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
    tel.03-5948-7891 info@atopicco.org

このような支援を行っています。
・アレルギーに関する困りごとの電話相談
・食物アレルギー用食物の無償提供など
・ぜんそくやアトピー性皮膚炎患者に必要な物資の無償提供など
*ネブライザーは提供できますが薬剤は医療機関で入手してください

HP160420IMG_6747.jpg
HP160420IMG_6736.jpg
















*食物アレルギー患者用レトルト食品など、約1,200食分を2便として搬送。



アレルギー_1型糖尿病_災害支援共同ポスター2016b.jpg

皆様へのお願い
・このアレルギー患者支援活動や支援ポスターが被災者の目にふれるよう、メディア・マスコミへの告知にご協力ください。
・このアレルギー患者支援活動や支援ポスターがインターネット上で閲覧できるよう「拡散」にご協力ください。
・現地のアレルギー患者情報をお寄せください。

●支援活動への寄付を募っています
誠に心苦しいのですが被災者支援活動には資金が必要です。
送金先情報はこちら
*クレジットカード、コンビニからも送金できます

できることは限られていますが可能な活動をする予定でいます。
ご支援ご協力をよろしくお願いいたします。


NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

【熊本地震】被災したアレルギー患者支援活動にご協力ください

■【要請があり熊本現地の病院に物資受入先を確保しました】
■【企業の皆様、アレルギー患者用物資の提供をお願いいたします】
■【患者支援活動へのご寄付をお願いいたします】

1.アトピッ子地球の子ネットワークは「熊本地震」で被災したアレルギー患者を支援
する活動を展開しています。
2.要請があり熊本現地の病院に物資受入先を確保しました。
3.企業の皆様、食物アレルギー用食物などアレルギー患者用物資の提供をお願いします。
4.今後どのような支援がいつまで必要となるのか、現地の様子をみながら支援活動を行います。
*物資を無償で提供いただけると大変助かりますが、無理な場合は購入いたします。
*個人からの物資提供はご遠慮ください。

ご協力いただける場合は下記までご連絡ください。
○NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
・赤城智美 akagi@atopicco.org
・吉澤 淳 yoshizawa@atopicco.org
・事務所tel.03-5948-7891
*メールの場合は赤城・吉澤の両方にお送りください。

■【ご寄付のお願い】
誠に心苦しいのですが、被災者支援活動には資金が必要です。
ご寄付のご協力をお願いいたします。

 送金先情報はこちら
 *コンビニ、クレジットカードからも送金できます。
 *当法人は認定NPO法人です。寄付は税額控除の対象となります。

できることは限られていますが可能な活動をする予定でいます。
ご支援ご協力を心よりお願いいたします。

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

【熊本地震】被災したアレルギー患者と1型糖尿病患者を支援するための共同ポスターを、日本IDDMネットワークと共に作成し、支援活動を開始しました

2016年4月15日
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク


1.2016年4月14日(木)に発生した「熊本地震」について、同日より情報収集を開始しました。

2.情報収集から支援活動を開始するにあたり、1型糖尿病患者支援団体であるNPO法人日本IDDMネットワークと共に患者支援共同ポスターを作りました。疾患は違いますが、同じ災害弱者として患者の困りごとを集約するためにこのポスターを活用します。

アレルギー_1型糖尿病_災害支援共同ポスター2016b.jpg


3.現地に入るいくつかの災害支援団体と連携し、被災した食物アレルギー・ぜんそく・アトピー性皮膚炎患者の情報について、困りごとや救援要請などがあれば当法人に知らせてもらう体制を作りました。1型糖尿病については日本IDDMネットワークに情報をお寄せください。

4.実際にアレルギー患者の情報や救援要請が寄せられた場合、できることは限られていますが可能な支援をする予定でいます。

例えば
・アレルギーに関する困りごとの電話相談
・食物アレルギー用食物の無償提供など
・ぜんそくやアトピー性皮膚炎患者に必要な物資の無償提供など

5.皆様へのお願い
・このポスターの掲示にご協力ください。
・このポスターがインターネット上で閲覧できるよう「拡散」にご協力ください。
・現地のアレルギー患者情報をお寄せください。

災害弱者である被災したアレルギー患者と1型糖尿病患者支援のためにご協力をお願いいたします。


NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

アトピッ子地球の子ネットワークと日本IDDMネットワークは、2005年以来、大規模災害発生時の患者支援マニュアル作成や、東日本大震災時の患者支援共同ポスター作成などでゆるやかに連携した活動を続けています。