NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク HOME >> イベント情報 >> 被災者支援プロジェクト「おしゃべり市場in埼玉」開催/2012年3月24日(土)10:00~13:00 すぺーす・ドゥ(JR武蔵浦和)

    

イベント情報

被災者支援プロジェクト「おしゃべり市場in埼玉」開催/2012年3月24日(土)10:00~13:00 すぺーす・ドゥ(JR武蔵浦和)

2012.02.29
アレルギーや子育てに関心のある人と共に
被災者支援プロジェクト
「おしゃべり市場in埼玉」
   flyer_おしゃべり市場in埼玉120324.pdf
■日時:2012年3月24日(土)10:00〜13:00
■会場:すぺーす・ドゥ
    埼玉県さいたま市南区白幡5-17-1 *会場地図は上記チラシ参照
■交通:JR埼京線・武蔵野線武蔵浦和駅より徒歩5分
■主催:NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

福島の原発事故から避難している親子や高齢者が、山形県米沢市に約3,850人暮らしています。この米沢市の県外避難者と首都圏に暮らす子育て世代の、ゆるやかな遠距離での支えあいを目的として、「おしゃべり市場in埼玉」を開催します。

■内容
【おしゃべり市場】
食物アレルギーの人やアトピー性皮膚炎の人が購入できる商品を中心に市場を開催。
売上の10%を「ボランティア山形」に寄付し、被災者支援活動に役立てます。

【スカイプ交流会】
米沢市の避難者と埼玉会場をスカイプで結んでおしゃべりします。避難先の暮らしの様子や聞きたいこと教えてほしいことを互いに問いかけます。避難者よりのビデオレターの上映も予定しています。

【「あげます」と「ください」のボードを作ります】
被災者の「ください」を、埼玉会場の「あげます」とマッチングします。

【避難者にお便りやメッセージを送ります】
埼玉会場にハガキや便箋を用意します。スカイプの向こうに見えていた米沢市の避難者に向けて質問したり応援メッセージを書いて送ります。「匿名の被災者」ではなく、「何番目に話してくれたあの人」と、少しでも具体的で互いの顔が浮かぶような交流の場を作ります。

【食事スペースを開設します】
外食ができない食物アレルギーの人のために、食事スペースを開設。おにぎりなどの軽食持参も可能です。
*持ち込み禁止=卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かにを含む食品。

■協力
ボランティア山形副代表の丸山弘志さん
避難者支援センター「おいで」の上野寛さん
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク事務局の小林麻耶さん
NPO法人セカンドリーグ埼玉
パルシステム埼玉
パルシステムセカンドリーグ支援室
出店団体各社 他

■主催・問い合わせ
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
tel.03-5948-7891 fax.03-5291-1392
〒169−0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
メールでの問い合わせ



カテゴリ