NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク HOME >> 出版・執筆・調査アーカイブス >> 執筆 『家族と専門医が一緒に作った小児ぜんそくハンドブック』 2012年改訂版

    

出版・執筆・調査アーカイブス

執筆 『家族と専門医が一緒に作った小児ぜんそくハンドブック』 2012年改訂版

2012.09.01
家族と専門医が一緒に作った小児ぜんそくハンドブック 2012年改訂版

本体1,500円+税 協和企画/2012年9月発行 B5判、125ページ

目次抜粋

第1章「ぜんそく」ってどんな病気?
ぜんそくは発作性に喘鳴を伴って、呼吸困難を繰り返す
第2章病院に行くとき、準備することは?
発作回数、家族のアレルギー歴などメモを作って持っていこう
第3章治療の基本
治療の全体像を理解しよう
第4章家庭で行うセルフケアが大切!
自分で積極的に治す気持ちを持とう
第5章ぜんそくの子どものライフサイクルを知っておこう
保育所・幼稚園・学校生活を楽しく安心して過ごすために

作成委員会

監修
西間三馨国立病院機構福岡病院
西牟田敏之国立病院機構下志津病院
編集委員
第1章担当
武内澄子食物アレルギーの子を持つ親の会
宇理須厚雄藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院小児科
第2章・第4章担当
長岡徹NPO法人アレルギーを考える母の会
望月博之群馬大学大学院医学系研究科小児科
第3章担当
赤城智美NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
小田嶋博国立病院機構福岡病院統括診療部
第5章担当
栗山真理子NPO法人アレルギー児を支える全国ネット「アラジーポット」
森川昭廣日本小児アレルギー学会理事長/群馬大学/希望の家附属北関東アレルギー研究所
コーディネートチーム
渡辺千鶴・小島あゆみ日本患者会情報センター、厚生労働科学研究「診療ガイドラインの新たな可能性と課題:患者・一般国民との情報共有と医療者の生涯学習(主任研究者:中山健夫)」班 協力研究者