NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク HOME >> 災害支援

    

活動案内 - 災害支援

東日本大震災アレルギー・災害弱者支援活動

多くの皆さんよりご寄付・カンパ、ご協力のお申し出をいただき、被災者の方々に必要な物資を無料提供し、相談活動も行っています。継続したご寄付やご協力を心よりお願い申し上げます。

<<前へ 12345678910
1】被災地NGO協働センターの「粉ミルクを届けようプロジェクト」と連携しています
------------------------------------------------------------------------
神戸の被災地NGO協働センターがはじめた「粉ミルクを届けようプロジェクト」に協力しています。
アレルギー用粉ミルクを集めて被災地に送っています。NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークでも集約しています。
但し、お手持ちの未使用の粉ミルクにしてください。
 被災地NGO協働センター

13/19()、ぜんそくケア用品、物資を病院と個人宅に搬送しました
------------------------------------------------------------------------
  被災地に向けて319()13:00東京を出発しました。
  運転と車の提供はボランティアの方です。

 ぜんそくケア用品を病院に運びました(日本小児アレルギー学会の依頼による)
 1.医療生協わたり病院(福島県いわき市)
 2.いわき市立総合磐城共立病院(福島県いわき市)
 3.宮城県立こども病院(宮城県仙台市)
 *物資:ぜんそくケア用品

 食物アレルギー用食物、粉ミルクなどを運びました。
 4.かくたこども&アレルギークリニック(宮城県多賀城市)
 *食物アレルギー用食物、粉ミルク(MA-1MA-mi)、ぬいぐるみ、アルファ米、
  サージカルマスク、下着

 5.SOSの連絡をくださった個人宅・避難先にも物資を運びました。
 宮城県石巻市1カ所、宮城県仙台市2カ所 計3カ所
 物資:アレルギー用粉ミルクMA-1、食物アレルギー用食物
 赤ちゃんを抱え、ガソリンが切れて、移動手段がない「孤立した」方々でした。
 現地のボランティアからボランティアにバトンタッチして運びました。
 最終的な到着は320()になりました。

2】被災地から関東に避難した方に物資を送りました
------------------------------------------------------------------------
  宅配便が動いている地域なので、直接避難先にアレルギー用の米パンを送りました。

3】被災地からのアレルギーに関する相談を受け付けています
------------------------------------------------------------------------
  食物アレルギー、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、被災地の友人や知人からアレルギー
  に関する困りごとの連絡があったときには、私達が相談窓口を設けていることを伝え
  てください。食物やスキンケア用品のことなど、いろいろお手伝いできると思います。
  まずはお問い合わせください。
     NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
     TEL 03-5948-7891 FAX 03-5291-1392 yoshizawa@atopicco.org

4】ボランティアを募集しています
------------------------------------------------------------------------
  当方事務所での補助作業、自宅でできる作業、得意なことや協力できることを
  お知らせください。臨機応変に柔軟な支援を続けたいと考えています。
  ぜひ皆様のチカラを貸してください。

13/18()、患者支援物資を積んだトラックが出発(政府災害対策本部第2便)
------------------------------------------------------------------------
  政府災害対策本部手配の第2便トラックが、被災地3カ所に向けて318()夕刻
  東京を出発しました。到着は深夜になる予定です。

 政府災害対策本部第2便の搬送先
 1.医療生協わたり病院(全日本民医連よりの依頼による)
 2.いわき市立総合磐城共立病院(日本小児アレルギー学会の依頼による)
 3.宮城県立こども病院(日本小児アレルギー学会の依頼による)
 *物資:アレルギー用粉ミルク(MA-1)、非常食セット、ミートソース、スープ等、
  ふりかけ、サージカルマスク、水、他

23/19()、ボランティアの手で物資を被災地に運びます
------------------------------------------------------------------------
  日本小児アレルギー学会の依頼による物資を、319()、ボランティアの手で
  被災地に運ぶ予定です。

3】ボランティア4人の協力、物資運搬感謝いたします
------------------------------------------------------------------------
  物資提供企業の倉庫まで車で取りに行ってくれた方、物資仕分けを手伝ってくれた
  方々ありがとうございました。

4】ボランティアを募集しています
------------------------------------------------------------------------
  当方事務所での補助作業、自宅でできる作業、被災地での作業、運転、クルマ貸出し、
  得意なことや協力できることをお知らせください。臨機応変に柔軟な支援を続けたい
  と考えています。ぜひ皆様のチカラを貸してください。
13/15()被災地へ患者支援物資を搬入しました(政府災害対策本部第1便)
------------------------------------------------------------------------
  315()14:30、アレルギー患者支援用物資を積んだ、政府災害対策本部手配の
  トラック第1便が東京を出発しました。同日22:40搬送完了の連絡が入り、無事現地に
  到着したことを確認しました。

  政府災害対策本部第1便の搬送先
  1.宮城県塩釜市の坂総合病院食物アレルギー用食物(米パン)、マスク、石鹸、
   ベビー用品等
  2.宮城県仙台市のヘルシーハット(アレルギーの会全国連絡会荷受拠点)
   食物アレルギー用食物(米パン、菓子パン、お菓子)

  政府災害対策本部第2便について現在調整中です
  2便の搬送先(予定)
   坂総合病院小児科
   医療生協わたり病院
   小名浜生協病院
1.被災地への患者支援物資搬入、政府災害対策本部と調整中
------------------------------------------------------------------------
  被災地へのアレルギー患者支援物資搬入について政府災害対策本部と調整中です。
  他、企業等からも運搬搬入協力のお申し出がありました。心より感謝いたします。

2
アレルギー患者向け物資のご提供をお願いいたします。
------------------------------------------------------------------------
  食物アレルギー患者用食材料、粉ミルク 等
  マスク、ガーゼ、タオル、シーツ、衣類 等
------------------------------------------------------------------------
  多くの方から物資のご提供のお申し出がありました。心より感謝いたします。
  避難所を含めた被災した方々の暮らしの中で、食事のたびごとに「食べられるもの」
  を探さねばならない患者には食物の供給が必要です。また、皮膚症状や呼吸器系疾患
  などに対処するための、マスクや衣類なども必要です。
  物資のご提供や、どのようなご支援が可能かご検討いただければ幸いです。

3
ご寄付・カンパのお願い 私達のアレルギー患者活動をご支援ください
------------------------------------------------------------------------
  災害支援活動を展開するためには資金が必要です。
  ぜひ、ご寄付・カンパへのご協力をお願いいたします。

  ご寄付・カンパ方法
  http://www.atopicco.org/12-kaiin/index.html

     NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
     TEL 03-5948-7891 FAX 03-5291-1392  yoshizawa@atopicco.org
     担当:赤城智美、吉澤 淳
<<前へ 12345678910